冬キャンプに必要な防寒ウエア

キャンプ場の多くは山間部や水辺など普段生活しているよりもクール場所に位置していることが多く、そのため冬キャンプにおいて防寒対策は必須です。また、体感温度は湿度や風の有無においても異なり、天気予報の最低気温を下回る場合もあるので、予報よりも寒くなるということを前提に準備しておくことがポイントです。

冬キャンプのウェアは防寒対策としてベースレイヤー(下着)・ミドルレイヤー(中間着)・アウトレイヤー(上着)の3層にレイヤリング(重ね着)するのが基本です。

ベースレイヤーは蒸れや汗による冷えを防ぐのに重要なため、吸湿性・速乾性に優れたモノを選ぶようにしましょう。ポリエステルやメリノウールを素材とした下着がおすすめです。ミドルレイヤーは保温性・透湿性が大きいフリース素材が適していらっしゃる。アウトレイヤーはミドルレイヤーの暖かさを保持するだけでなく、雨や風、雪などから身を続ける必要があるため保温性以外にも、防寒・防水・防風性なども備えている必要があります。
レイヤリングはただ何枚も着込むのではなく、役割のことなる衣類を気温や天候などに合わせて重ね着することで、体温調節をスムーズに行う。

化繊を含むわかりやすさウェアは、空模様や体温変化を考えなくてもウェア側で調節してもらえるハイテクウェアで、街中ではアウターとして、山ではミッドウェアとして活躍してくれるでしょう。化繊によるハイテク素材のウエアは、透湿性やストレッチ性も完備してあり、タウンユースだけでなくキャンプから雪山登山も視野に入れておる方におすすめです。

また、値段の賭けるものが多いイメージのあるアウトドアウェアですが、最近ではファストファッションの影響もあって、思ったよりも安値で購入できる機能的なウエアが登場してきていらっしゃる。

冬キャンプは底冷えを意識して防寒対策をすることが大切です。底冷え対策をせずに横になると体が冷えて眠れず体力を消耗してしまう。レイヤリングで優しい空気の層を体のまわりに吐出し、一段とマットやコットによって底冷えを防ぐ結果爽やか睡眠を得ることができます。

準備不足だと寒さがつらいだけでなく、生命の危険にも係わるためバッチリ防寒グッズをそろえて冬キャンプに挑みましょう。詳細はこちら

冬キャンプに必要な防寒ウエア