死ぬ前に食べたい御馳走を買い与える

仮に貴方に最後の晩餐となる日が訪れるとした場合、何を選び何を食する事により思い残す事なく満足しその時を迎えられるのか?欲濃い人なら最後の晩餐ぐらいは本場フランスの三ツ星レストランでの最高レベルのコース料理も良いが極上A5ランクの神戸牛ステーキコースや一元様お断りの超名店のお寿司屋さんなども思い浮かべるかもしれませんがあまりグルメほど最後の晩餐ぐらいは釜戸で炊いた最上級の魚沼産こしひかりの白ごはんとそれに可愛らしく見合う質素ながらも心揺すぶられるほど素朴で心に浸みるうまい一品だけをチョイスするととことん聞きます。
こんな素朴で素材の旨さを最大限に活かした物を人々のお中元に贈ってみようと企てた結果、以前北海道物産展で目にした事が残る、とある品を思い出した。
それは��死ぬ前に一度は食べたい�≠�謳い文句とし一時期人気を博した絶品海産加工食品であった事を思い起こした次第です。
その商品は、知る人ぞ知る北海道の鮭会社が拘りぬいて作った名品、佐藤水産の��鮭ルイベ漬�≠ニいう品である。
なんと言っても特筆すべき点は鮭会社ならではの粘りぬいた天然鮭を自社による鮮度管理と熟練の職人技でおいしい絶品珍味に仕上た点です。
具体的には新鮮な鮭のお刺身とイクラを独自の絶品醤油ダレに漬け込み凍らせ風味豊かな味わいに終わりられ、とろけるフレーバーとコッテリ旨味が自慢の品だった。
それこそご飯との相性抜群の一品ですと共にパワー抜群な旨さであった事は間違え有りません。
(確か少し前にテレビのケンミンショーでやってました。)そもそもルイベって如何なる意味なのか?ルイべの名前の発祥はアイヌ族、そしてアイヌ語��ルイペ�≠ェ語源のようでアイヌ語では融けることを醸し出す「ル」と食料を表す「イペ」が合わさって��融ける食べ物�≠ニいう言葉が誕生したのがルイベの起源となっておりアイヌ族の方々は鮭をとにかく凍らせそれを溶かして採り入れる習慣があったようです。
その理由は鮭という脂の多い魚は凍らせるところ水分と共に余分な脂と臭みがおち鮭のよい風味だけが余る事を知っていてお刺身よりも絶対うまい食べ方となったようです。
こんな佐藤水産の鮭ルイベが詰まった品をお中元で贈ってみたりお返しで贈ってみたりした場合、貴方の会社は抜群にセンスが良いと高く評価されるかもしれません。参照サイト

死ぬ前に食べたい御馳走を買い与える